<

生後間もない赤ちゃんには「吹き出物」がよく見られます。

大人の女性だけではありません。
赤ちゃんのお肌トラブルについて、少し詳しく見ていきましょう。



赤ちゃんのお肌トラブルと症状

◆乳児湿疹
乳児湿疹というのは、赤ちゃんにできる湿疹を総称したものです。
低月齢の頃によく見られるのが「脂漏性湿疹」です。

ガーゼなどで口のまわりの食べこぼしを拭きすぎたりすると、
湿疹が出てしまうこともありますし、単純に乾燥が原因で湿疹が出ることもあります。

〇症状

・ベタベタしている
・カサカサしている
・じゅくじゅくしている

※アトピー性皮膚炎の場合は治療が必要ですから、
念の為に病院へ連れていってあげた方がいいでしょう。


◆脂漏性湿疹

ホルモンの影響で生後2〜3ヶ月くらいの赤ちゃんに見られる症状です。

〇症状

・フケのような湿疹が髪の生え際・眉毛・頭皮などにできる
(かさぶたのような形状のものもあります。)

石けんで洗っていれば、自然治癒します。


◆新生児ニキビ

生まれて間もない赤ちゃんから生後3ヶ月くらいに多く見られる症状です。

〇症状

・赤いぶつぶつ
・白い芯、コメドのようなものがある
・化膿している

赤ちゃんのにきびは、せっけんできちんと洗ってあげれば特に治療をしなくても治ります。

赤ちゃんにはいろんな変化が現れますから、お母さんはその度に心配してしまいますね。
冷静に判断して、必要であれば病院へ連れていってあげるようにしましょう。



Copyright(C) 2011 吹き出物ガイド〜原因・予防・治療〜 Allrights reserved.